毛皮の取り扱い

毛皮は世界中で愛されている素材の一つです。

特に多く使用されているのが衣料品であり、最も有名なものと言えば毛皮のコート、または毛皮のファーなどですよね?
これらは決して安いものではありません。日頃から取り扱いに注意すれば、長く、綺麗なままで使用ができます。
難しいことは何ひとつありませんので、是非、参考にして頂けたらと思います。
毛皮にもし毛ぐせがついたら?
濡れたタオルで毛先の部分を軽く濡らしましょう。ただし、このとき皮の部分まで濡らしてしまわないよう細心の注意を心掛けてください。濡らしたあとは、金グシで毛並みにそって優しく整えます。綺麗に整え終えたら、日蔭で乾かしで自然乾燥させれば、だいたいのクセは取れます。この際、ドライヤーなどの熱風で乾かそうとせず、必ず自然乾燥に任せましょう。
雪や雨で不本意ながらも濡れてしまった場合は?
雪や雨で濡れてしまったときは、よく振って水気を切りましょう。その後は乾いたタオルで丁寧に拭きます。あとは日蔭で乾かし自然乾燥させれば大丈夫です。しかし、万が一でも皮まで濡れてしまったときは、購入店かクリーニング店へ迅速に相談しましょう。
多くの水分を吸ってしまった皮は、硬貨したり破れてきたりする場合があるからです。どんなに面倒でも、きちんと対応してくれる所に毛皮を預けましょう。
長く、綺麗に使用するためだけでなく、毛皮を最悪な形で駄目にしてしまうことを避けるためにも、普段から気をつけるに越したことはありませんよね。

使用しなくなった毛皮などはココで買取ってもらえるのでオススメです。